債務整理で体験談を参考にするなら

債務整理の方法は、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停の4つがあり、そこに近頃では過払い金返還請求などもその一つに加わっています。自分の場合には、支払いは滞りなく行っていましたが、いつまで払い続ければいいのかと気が遠くなることに不安を覚え、債務整理に踏み切ったのですが、その時に参考になった体験談は、自分と同じように「払えているが返済が終わらない」といった人でした。総額も大体似たようなもので、その体験談には、過去に完済した分の過払い金返還請求を利用してお金を取り戻し、それを使って一つ完済しては返還請求を行い、それを使って完済してはまた返還請求を行うといったことで解決したとありました。
この方法はちょっと気長になりますが、何のデメリットもありません。
もし完済前に返還請求を行うと、若干信用情報上ネガティブなことも起こりますので、大変良い方法だと思ったのです。
請求や交渉は弁護士に依頼したほうが絶対に早いとも書いていましたの、方針を決めて相談を行いました。
おおよそ2年ほどかかって解決しましたが、何も煩わしいことはありませんでしたし、最終的に残債を完済しても、かなりの額が返還金額から残っていました。
神奈川県弁護士会:自死遺族ホットライン開設 – 毎日新聞
神奈川県弁護士会は6月1日から、家族など身近な人を自殺で失った人の法律相談を受ける「自死遺族ホットライン」(045・228・7832)を開設している。弁護士会独自の (続きを読む)

広告

熊本で事業に失敗した私の自己破産

私は、熊本で新たな事業を開発しておりました。事業を成功させようと顧客を獲得するために頑張っていたのですが、なかなか顧客獲得ができないでおりました。私の事業に誰も振り向いてはくれず、銀行から借りた資金も底をついてしまいました。
結構な額を借りていたので、返済するのも大変なので今後の生活をどうしようと悩んでおりました。
妻からは離婚を言い渡され、持っているものはもうほとんどなくなっておりました。事業も辞めてしまい、膨大な借金だけが残ってしまいました。新たな就職先を探すために電車に乗っていたところ、債務整理の広告が目に入って、弁護士事務所に電話をしてみることにしました。
財産がないということで、自己破産をするのが一番いいと言われたので、自己破産をすることにしました。
銀行からの請求がかなり届いていたのですが、そういったものもまったく来なくなり、生活に余裕を感じることができるようになりました。仕事を探すのに支障はないか心配だったので、そのことについても相談したら特に問題はないということで、そういわれても少し不安ではあったのですが、本当に仕事を探すのにも影響はなく、新たな就職先も見つけることができました。自己破産をしたおかげで生きる希望が湧きました。
大渕愛子氏 夫・金山に嫌悪感「執拗」…次男へのキス攻撃に
行列のできる法律相談所」などで知られる大渕愛子弁護士(39)が29日、ブログを更新し、夫で俳優の金山一彦(49)の育児に不満を訴えた。 「彦さんは、育児も家事も積極的にやってくれるので、とても助かっているし、いつも感謝しています」と夫への感謝を記した大渕氏。(続きを読む)

夫のうつ病発覚と共に多額の借金も

結婚して共働きで身の丈に合った中古マンションを購入し、これから子供でも欲しいと夫婦で話し合って居や矢先、夫の様子が日々おかしく感じるようになって行きました。話しかけても目は虚ろに宙を見て居たり、時々いきなり些細な事で怒り出し物に当たる事がありました。今まで起こった事は全く無くいつも穏やかで会社では場の雰囲気を和らげるクッションのような存在だと言われて居た程です。
車の運転は荒くなりハンドルを握らせる事がとても心配になる事さえありました。時折会社が既に終わっている筈なのにいつまでも帰って来ない時があり心配になって居ると公衆電話で僕はもう駄目だなどと言い出す始末でした。借金が発覚したのは督促状が頻繁に家に来るようになってからで、総額は100万円程でしたので何に使ったかと聞くとギャンブルだと答えました。パチンコや競馬に掛けている間は何も考えなくて良いので、つい会社が終わった後や休日に行って大金を賭けて遊んでいたと言うのです。現在はうつ病と診断され病院に通って居ますが未だ会社復帰の目途は立ちません。
うつ病には色々な種類があっていきなり大金を使ってしまう症状もあると聞き、家のお金は全て私の管理でやり繰りする事になりました。

日銀の金融政策「出口」の議論は丁寧に
出口の議論でまず必要なのは、きちんとした整理だ。第1は、金融緩和を縮小し、政策金利を … だが、金利上昇の速度などによっては巨額の赤字が生じ債務超過におちいる恐れがある、といった指摘が民間のエコノミストなどから出ている。 中央銀行には利息のつかない銀行券を (続きを読む)